お手入れできない条件・注意事項について

お手入れできない条件・注意事項について

お手入れ前後、入浴や飲酒、運動を控える必要があるのはどうしてですか?

体温が上昇すると体内に熱がこもりやすくなり、赤み・かゆみの原因につながるため、控えていただいています。お手入れ当日は、入浴ではなくシャワーをご利用ください。

ヘルペスができた場合、お手入れはできますか?

お手入れ箇所にかかわらず、ヘルペスが完治されるまでお手入れはできません。

お手入れ前後、エステサロンにいってもいいですか?

お手入れ当日は、お控えください。

タトゥー(刺青)がありますが、お手入れできますか?

タトゥー部分はお手入れができません。タトゥー部分から5㎝以上の間隔をあけてのお手入れとなります。

肌が弱くてもお手入れはできますか?

肌が極端に弱い、ケロイド体質、光過敏症、その他皮膚に何らかの異常がある場合お手入れできません。肌が弱くご心配な場合は、ご来店時にご相談ください。

アトピー肌でもお手入れできますか?

肌状態が安定していればお手入れ可能ですが、お薬を塗っている場合はお手入れできません。

傷跡・にきび・痣がある箇所は、お手入れできますか?

傷跡などを避けてのお手入れ、またはお手入れが出来ない可能性があります。

妊娠・授乳中はお手入れはできますか?

お手入れをお休みしていただいています。出産・授乳を終え、生理が2~3回以上きてからお手入れが可能となります

肌が元々黒くてもお手入れできますか?

サロンスタッフが肌を確認してからの判断となりますので、ご来店カウンセリング時にご相談ください。

日焼けをしたらどれぐらい脱毛できなくなりますか?

日焼けをしている肌は、肌に炎症がある状態です。元のお色に戻るまではお手入れをお休みしていただいています。また、日焼け後は乾燥しやすいため日ごろから保湿ケアをお願いいたします。

生理中でもお手入れできますか?

生理中はデリケートゾーンの箇所はお手入れできません。また、生理中はいつもより肌が敏感になっておりますので、痛みを感じやすくなることや赤みがでる場合もあります。ご心配な場合は、お日にちをあらためていただいていますが、デリケートゾーン以外は体調も良好で、痛み止めなどのお薬を服用されていなければお手入れ可能です。

Angeで出来ないお手入れ範囲はどこですか?

髪の毛、のどぼとけ、乳りん、粘膜部位はお手入れできません。

お手入れができない条件はありますか?

健康状態が良好ではない場合や、肌トラブルをお持ちの場合はお手入れができません。お手入れ当日、以下に当てはまるものがある場合お手入れをお受けいただけませんので、ご注意ください。
・予約開始時間を過ぎてからのご来店
・体調がすぐれない。
・肌が乾燥している。
・当日お手入れ箇所へ日焼け止め・制汗剤・ボディクリームなどを塗っている(当社が推奨する物は使用可能)
・お手入れ箇所の日焼け
・当日のお薬の服用
・前後12時間以内の飲酒
・前後10日以内の予防接種
・1カ月以内に挙式を控えている。(ウェディングフォトを撮影する場合も含む)
・現在、妊娠・授乳中である。
・当日お手入れ前後に激しい運動や発汗を促す行為をする。
・生理中のデリケートゾーンのお手入れ

持病がありますが、お手入れできますか?

当サロンは美容脱毛のため、健康状態が良好な方のみお手入れをさせていただいています。以下に当てはまる場合、医師の了承を得た場合でもお断りする場合があります。
・癌の既往症がある方
・内臓系疾患の方
 【感染病(B型肝炎・C型肝炎・その他伝染病など)、糖尿病、心臓病、肝臓病、甲状腺疾患その他日常生活に支障がある疾患】
・アルコール依存症の方
・ペースメーカーを使用している方
・てんかんの既往症がある方
・ケロイド体質の方
・光アレルギー/過敏症の方
・その他、通院中の方